相手に応じて

プライベート用の名刺を作成する場合、その目的に応じて記載する内容や、あるいは書式などについてを変更することができる、というのが強みの1つとなっています。例えば同じ趣味の人との間で使用するためのプライベート名刺を用意したいと思っているのであれば、その趣味の人どうしで分かるような内容を記載しておくのが親交を深める事を考える場合にポイントということになるでしょう。また、渡すことを想定している相手を考えて内容について考える、というのもプライベート名刺を作る場合についての楽しいポイントの1つとなることでもあります。

名刺例えば高齢の方に渡すことが想定されているようなプライベート名刺を作りたいとおもっている場合については、文字を多くする、というのも1つの方法です。子供同士で使用することを想定している、というようなプライベート名刺であれば、漢字の比率を少なくしたり、イラストを多くして可愛らしいデザインにする、というのも考えられるポイントということになるでしょう。このような部分についても「ルール」というものが特別存在しているわけではないのがプライベート名刺のポイントであり、自分の好きな通りに作ることができます。

 

名刺の書体を決めるときには

名刺を作成するときには書体も決めなければいけません。どのような書体にするのかによって名刺の印象も大きく変わります。例えば楷書体や明朝体などの場合でしたら堅い職業などにはお奨めです。これらの書体はいわゆる活字という雰囲気を持っています。明朝体に関しては新聞などで使われる字体なのですが、ビジネスのシーンにおいては非常に印象のいい字体なのです。

ただ、ビジネスでもあまり堅苦しくないビジネスをしている場合や、デザイン性名刺などを使っている場合には不向きな場合もあります。優しい雰囲気を出したいときにはゴシック体などがお奨めです。こちらは楷書体や明朝体よりもやわらかい印象になりますので、ファッション関係やデザイン関係の仕事などにはお奨めです。あまりかしこまった雰囲気はありませんがくだけすぎた雰囲気もありませんのでビジネスにも使うことができます。

さらにポップ体という字体もあるのですが、こちらはかなり砕けた印象になります。字そのものもかなり太くプライベートで使う名刺にはいいかも知れません。あまりビジネスには適していません。それぞれ時と場合により名刺の字体も使い分けるのがお奨めです。使っている紙の素材なども考慮して選ぶのもいいかも知れません。

 

名刺は気軽に手渡しは禁物

ビジネスの場で名刺交換はつきものです。特に男性同士ですと仕事上のつながりがなくても挨拶代わりに出す光景を見ます。名刺はそれくらい身分を明らかにする代名詞になっているのです。

今は女性でも持っている人が多いのですが、私は仕事で名刺を持った事がありません。仕事柄他社に出向いて営業をする事もなかった為です。そのせいか名刺を持つ事への憧れも感じます。仕事が出来る人になったような気もします。 名前のみの名刺であったり、仕事に関係なく自分で名刺を作る人もいます。完全にプライベート用なので、カラフルで遊び心があっても構わないのです。

確かに見た限りでは用途は限定されますが、名刺交換気分を味わうには面白そうです。 それでも名刺はやはりビジネスの場で使いたいです。どんな場面でも相手を選ばずに渡してしまうと悪用の恐れもあります。顔写真付きではないので、名を語って何かされる事にもなりかねません。ただの紙カードではなく連絡先も書かれている身分証なのです。持っていないと憧れを感じますが、実際使われる方には気を付けてと言いたいです。

外国人の方と

プライベート名刺を使用することができるタイミングとして、次に紹介するのは外国人の方との交流をしたいという場合についてです。連絡先の交換を行いたいという場合、日本人同士の場合に比べて、外国人の方と行なうのは言語の習熟度の関係から口頭ではうまくいかないケースも少なくありません。そういった場合については、紙面として情報が残るようになっているプライベート名刺が便利に利用できるようになっています。こういった目的で使用したいと思ってプライベート名刺を作成する場合については、日本語でのみ記載するのではなく、英語なども名刺の情報として記載しておくと良いでしょう。

交流英語であれば多くの外国人の方との意思疎通のために使用することができるケースがあります。
また、アジアの方との連絡先という目的で作りたい場合については、中国語バージョンなども用意しておくと使用できる場面が多いかもしれません。日本に留学や旅行できている方は多くが中国や韓国の方でもあるため、そちらがあると利用できる事が多くなるのもよくあることです。どのような言語でどのような情報を記載するのか、ということを考えて準備をしておく事ができるのがプライベート名刺の強みでもあります。

 

個性的な名刺サービス

名刺印刷業者では個性的なサービスを行っています。印刷業者によりサービスの内容には多少違いがありますが、通常の自宅のプリンターではできないような印刷もできますので、特殊な印刷をしたいときには利用してみるのもいいかも知れません。印刷業者ではまずエンボス加工の名刺なども作ってもらえます。これは文字の部分だけ周囲の紙よりもへこませている加工なのです。遠くからみてもそれほど変わりはありませんが、近くで見ますとインパクトがありますし、文字をしっかりと際立たせることができます。

シンプルでありながらも少し個性を出したいときには適してます。その他にも金属の名刺印刷などもできます。非常に珍しいタイプですが、インパクトを重視するのでしたらお勧めです。かなり料金がかかりますが、特別なお客様に渡すときなどには適しています。

その他にもキャラクター名刺などもあります。これは著作権のあるキャラクターの名刺もあるのですが、許可を取った上で印刷してもらえるのです。非常にかわいらしい内容になります。プライベート用にも使うことができますが、女性に渡すときなどにも使えます。個性的な名刺により自分のイメージを格段に強くすることができます。

 

名刺の作成から印刷にかかる費用

仕事で使う場合に名刺は多くの場合会社が用意してくれますが、プライベート用の名刺を作成したい場合や自営業の方が作成した場合には自分で依頼することもしくは行うことになりますが、名刺の作成から印刷にかかる費用には何があるのでしょうか。

まずもとになるデータを作成するための費用がかかります。多くの場合電気代程度の費用ですが、顔写真を載せる場合には写真を撮影するための費用がかかります。業者に依頼する場合にはデザイン費がかかってきます。次に名刺に使う紙を購入するための費用がかかります。より上質な紙を使えば使うほどコストはかかってくることになります。

また何部印刷するのかでもコストは変わってきます。最後に実際に印刷するための費用がかかります。印刷部数や白黒かカラーか、両面に印刷するか片面だけにするかによりコストには違いが出てきてしまいます。できるだけ多くの枚数を刷っていた方が1枚にかかるコストは抑えることができます。

人が集まる場所で

プライベート名刺の使いみちとして、最初に紹介するのはパーティや同窓会などの場において、連絡先の交換を行なうために使用するというものです。元々仕事の人脈をつくるということを目的としているようなパーティである場合については通常通り仕事用の名刺で構いませんが、そうでない場合、あくまでも個人としての友人や知り合いを作りたいと考えている場合については、プライベート名刺の方が適しているというケースも少なくありません。ただし、相手もプライベート名刺を使っているとは必ずしも限らないため、その場その場に合わせて使用するものを考えるようにするのも良いでしょう。

さらに婚活パーティのように出会いの場において使用する場合についても、プライベート名刺が活躍できる場面となっています。こういった場所においては、相手に自分の印象が伝わりやすくすることが重要なポイントの1つとなっているため、プライベート名刺上にそのような情報が載っているものを用意しておくと、相手に対して印象的なポイントを1つ作ることができるようになるでしょう。このように、人が多く集まるような場所で使用することで、印象を残すことができるようになるというのがプライベート名刺の特徴の1つです。

 

プライベート用名刺を作成して使っている人が増えてきた。

営業マン名刺といえば大手企業の営業マンが仕事の挨拶用に使っているのをよく見ます。それらの名刺は企業の顔であり会社で作成してくれます。しかし個人商店では自分で汎用の名刺を作成して交換しなければなりません。どちらも相手に覚えてもらう為の挨拶の道具でありオーソドックスなものが好まれています。それらとは別に、趣味関係でのオフ会などで同じように名刺交換が行われています。

ここでの名刺はプライベートの場なので結構派手な美しいカードが登場してきます。カードホルダーに入れておいてもカラフルで楽しささえ覚えます。プライベートなので少量の枚数を作成して使っているようです。最近ではインターネットのウエブ画面で名刺の表面と裏面のレイアウトを自由に作成するサイトも出てきており個性的な名刺が登場してきています。サイトに会員登録していると、オリジナル名詞でも少量作成が可能となっており手元の枚数が少なくなってくると簡単に注文が出来て短納期で手に入るので便利に使えます。

 

名刺のデザインを工夫してインパクトをつける

名刺を自分でつくる事ができる場合、出来るだけオリジナルなものにしたい。名刺とは、会社な仕事で使う場合もあるしその他交友関係でも使う。人によっては使い分けている場合もある。自分でつくる事も可能で専用のフリーソフトを使えば数あるデザインから好きなものを選び、名前の字体や大きさ色まで自由に選ぶ事が出来る。また自分の写真を載せる人もいる。このように自分の好きなようないレイアウトできるのでプライベートの名刺位は自分でつくってみましょう。

仕事上で使う名刺は会社勤務の人は会社指定の名刺になってしまうが、その他フリーの仕事や自営業の人はひと工夫した名刺を作成する事をおすすめする。出来るだけ印象づける事も大切で、ホームページや専用のメールのドメインも社名や名前を組み入れたりして工夫している人も多い。また初対面に近い人に名刺をくばるので、見やすさも重要です。フリーソフトなどで色々なデザインから選んで作る事もできるが、デザイン自体をはじめから自分で作る事もできます。

プライベート名刺とは

通常、名刺といえば仕事の際に使用するものというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。勿論、現在においてもそのような使い方がされるのが一般的ではありますが、昨今では仕事用の名刺だけではなく、もっとプライベートな場で使用するための名刺として、プライベート名刺と言うものが登場している、ということについてここでは紹介します。このプライベート名刺というのはその名前の通り、仕事についての情報を記載しているものというわけではなく、自分自身のパーソナリティとしての情報を記載しているのが特徴となっているものです。それでは、実際にプライベート名刺を作りたいという場合、どのようにして作ることができるのでしょうか。

パソコンプライベート名刺の作成を行う場合、大きく2つの方法を考えることができます。1つは、自分自身でパソコンを使って編集を行うというものです。こちらについてはある程度の技術力やデザイン力が必要となるものではありますが、基本的に名刺として必要となる情報自体はそれほど多いわけではないため、できないことではありません。

もう1つは名刺作成を行っている業者に依頼して作ってもらうというものです。勿論料金は必要となるものの、自分のイメージに近いデザインのものを選択して入力する情報を決めておけば作ることができるため、より手軽にプライベート名刺を作る事ができる方法ということになるでしょう。それでは、実際の使いみちについても紹介します。

名刺は使用者の印象を左右します

名刺には肩書きと氏名、連絡先が記されている他、個性的なデザインが施されているものもあります。仕事で知り合ったある村役場にお勤めの方のものは横書きで、肩書きと氏名の前に村章が深い緑色で、紙面の右下隅に村のマスコットキャラクターが4色刷で、それぞれ印刷されていました。そのデザインは、身近な村役場として親しみを持ってもらえるようにという目的と、そうした活動を村外や県外の方にも広く知ってもらえるようにという目的とで決まったと伺いましたが、それ以外にも、他からいただいたものと束ねた中から探し出す際にも、マスコットキャラクターが目印になって探しやすかったです。

結婚式でお世話になった式場の担当者のものは、縦書きでオーソドックスなレイアウトでしたが、下の空白部分に式場の建物のイメージ画が4色で印刷されていました。明朝体とゴシック体で構成された文字の並びからは堅実さが、式場のイメージ画からは明るい印象が感じられました。もちろん、打ち合わせも当日の御式も、安心感や頼もしさを感じながらお世話になり、来賓の方々も笑顔で過ごしてくださいました。同僚がもらった自称・政治団体所属の男性のものには、驚かされました。縦書きで太い明朝体と小さめのゴシック体で記されたオーソドックスなものでしたが、肩書きと氏名の上に十六葉八重表菊花紋がありました。

十六葉八重表菊花紋は皇室の方以外は使用を控えるべきとされているのに堂々と用いる人がいることにまず驚きましたし、そのことを知らないまま受け取る人がいることも驚きでした。名刺は紙面としては小さくとも、使用者の印象を決める大切なものですから、レイアウトやデザインも大切に考えたいですね。

初めて自分の名刺をもらった時の感動

私は以前百貨店の社員として働いていました。はじめはみんな売り場に出て、接客・販売から始めるため、自分の名刺はありません。同じ頃他の企業に就職した仲間たちと会うと、みんな交換をするため、私はとても淋しい思いをしました。私の会社で持てるようになるのは、リーダーという役職についてからです。売り場の販売員をまとめたり、売上げ管理をしたり、どの商品を売り場に置くかなどを営業と商談したりするのがリーダーの仕事です。私は新人の時にお世話になったリーダーがとても仕事が出来る人で、憧れでした。

そんなリーダーになれるように、日々努力をした結果、通常は3年かかるリーダー職に2年でなれたのです。そして初めて自分の名前の書かれた名刺をもらえた時の感動・・・。すごくうれしくて、家に帰って両親や姉にまず渡しました。そして記念ように1枚大事に保管したのを覚えています。

それから5年。

今では当たり前のようにお客さんと交換していますが、ケースの内側に今でも大事に保管しています。これを見るとなんだか初心に戻れるような気がして、捨てられずにいます。若かった頃の自分と全く同じ気持ちにはなれませんが、仕事が嫌になった時、またミスをした時などは、見返して初心に戻るようにしています。