相手に応じて

プライベート用の名刺を作成する場合、その目的に応じて記載する内容や、あるいは書式などについてを変更することができる、というのが強みの1つとなっています。例えば同じ趣味の人との間で使用するためのプライベート名刺を用意したいと思っているのであれば、その趣味の人どうしで分かるような内容を記載しておくのが親交を深める事を考える場合にポイントということになるでしょう。また、渡すことを想定している相手を考えて内容について考える、というのもプライベート名刺を作る場合についての楽しいポイントの1つとなることでもあります。

例えば高齢の方に渡すことが想定されているようなプライベート名刺を作りたいとおもっている場合については、文字を多くする、というのも1つの方法です。子供同士で使用することを想定している、というようなプライベート名刺であれば、漢字の比率を少なくしたり、イラストを多くして可愛らしいデザインにする、というのも考えられるポイントということになるでしょう。このような部分についても「ルール」というものが特別存在しているわけではないのがプライベート名刺のポイントであり、自分の好きな通りに作ることができます。

外国人の方と

プライベート名刺を使用することができるタイミングとして、次に紹介するのは外国人の方との交流をしたいという場合についてです。連絡先の交換を行いたいという場合、日本人同士の場合に比べて、外国人の方と行なうのは言語の習熟度の関係から口頭ではうまくいかないケースも少なくありません。そういった場合については、紙面として情報が残るようになっているプライベート名刺が便利に利用できるようになっています。こういった目的で使用したいと思ってプライベート名刺を作成する場合については、日本語でのみ記載するのではなく、英語なども名刺の情報として記載しておくと良いでしょう。

英語であれば多くの外国人の方との意思疎通のために使用することができるケースがあります。
また、アジアの方との連絡先という目的で作りたい場合については、中国語バージョンなども用意しておくと使用できる場面が多いかもしれません。日本に留学や旅行できている方は多くが中国や韓国の方でもあるため、そちらがあると利用できる事が多くなるのもよくあることです。どのような言語でどのような情報を記載するのか、ということを考えて準備をしておく事ができるのがプライベート名刺の強みでもあります。