人が集まる場所で

プライベート名刺の使いみちとして、最初に紹介するのはパーティや同窓会などの場において、連絡先の交換を行なうために使用するというものです。元々仕事の人脈をつくるということを目的としているようなパーティである場合については通常通り仕事用の名刺で構いませんが、そうでない場合、あくまでも個人としての友人や知り合いを作りたいと考えている場合については、プライベート名刺の方が適しているというケースも少なくありません。ただし、相手もプライベート名刺を使っているとは必ずしも限らないため、その場その場に合わせて使用するものを考えるようにするのも良いでしょう。

さらに婚活パーティのように出会いの場において使用する場合についても、プライベート名刺が活躍できる場面となっています。こういった場所においては、相手に自分の印象が伝わりやすくすることが重要なポイントの1つとなっているため、プライベート名刺上にそのような情報が載っているものを用意しておくと、相手に対して印象的なポイントを1つ作ることができるようになるでしょう。このように、人が多く集まるような場所で使用することで、印象を残すことができるようになるというのがプライベート名刺の特徴の1つです。

 

プライベート用名刺を作成して使っている人が増えてきた。

名刺といえば大手企業の営業マンが仕事の挨拶用に使っているのをよく見ます。それらの名刺は企業の顔であり会社で作成してくれます。しかし個人商店では自分で汎用の名刺を作成して交換しなければなりません。どちらも相手に覚えてもらう為の挨拶の道具でありオーソドックスなものが好まれています。それらとは別に、趣味関係でのオフ会などで同じように名刺交換が行われています。

ここでの名刺はプライベートの場なので結構派手な美しいカードが登場してきます。カードホルダーに入れておいてもカラフルで楽しささえ覚えます。プライベートなので少量の枚数を作成して使っているようです。最近ではインターネットのウエブ画面で名刺の表面と裏面のレイアウトを自由に作成するサイトも出てきており個性的な名刺が登場してきています。サイトに会員登録していると、オリジナル名詞でも少量作成が可能となっており手元の枚数が少なくなってくると簡単に注文が出来て短納期で手に入るので便利に使えます。

 

名刺のデザインを工夫してインパクトをつける

名刺を自分でつくる事ができる場合、出来るだけオリジナルなものにしたい。名刺とは、会社な仕事で使う場合もあるしその他交友関係でも使う。人によっては使い分けている場合もある。自分でつくる事も可能で専用のフリーソフトを使えば数あるデザインから好きなものを選び、名前の字体や大きさ色まで自由に選ぶ事が出来る。また自分の写真を載せる人もいる。このように自分の好きなようないレイアウトできるのでプライベートの名刺位は自分でつくってみましょう。

仕事上で使う名刺は会社勤務の人は会社指定の名刺になってしまうが、その他フリーの仕事や自営業の人はひと工夫した名刺を作成する事をおすすめする。出来るだけ印象づける事も大切で、ホームページや専用のメールのドメインも社名や名前を組み入れたりして工夫している人も多い。また初対面に近い人に名刺をくばるので、見やすさも重要です。フリーソフトなどで色々なデザインから選んで作る事もできるが、デザイン自体をはじめから自分で作る事もできます。