外国人の方と

プライベート名刺を使用することができるタイミングとして、次に紹介するのは外国人の方との交流をしたいという場合についてです。連絡先の交換を行いたいという場合、日本人同士の場合に比べて、外国人の方と行なうのは言語の習熟度の関係から口頭ではうまくいかないケースも少なくありません。そういった場合については、紙面として情報が残るようになっているプライベート名刺が便利に利用できるようになっています。こういった目的で使用したいと思ってプライベート名刺を作成する場合については、日本語でのみ記載するのではなく、英語なども名刺の情報として記載しておくと良いでしょう。

交流英語であれば多くの外国人の方との意思疎通のために使用することができるケースがあります。
また、アジアの方との連絡先という目的で作りたい場合については、中国語バージョンなども用意しておくと使用できる場面が多いかもしれません。日本に留学や旅行できている方は多くが中国や韓国の方でもあるため、そちらがあると利用できる事が多くなるのもよくあることです。どのような言語でどのような情報を記載するのか、ということを考えて準備をしておく事ができるのがプライベート名刺の強みでもあります。

 

個性的な名刺サービス

名刺印刷業者では個性的なサービスを行っています。印刷業者によりサービスの内容には多少違いがありますが、通常の自宅のプリンターではできないような印刷もできますので、特殊な印刷をしたいときには利用してみるのもいいかも知れません。印刷業者ではまずエンボス加工の名刺なども作ってもらえます。これは文字の部分だけ周囲の紙よりもへこませている加工なのです。遠くからみてもそれほど変わりはありませんが、近くで見ますとインパクトがありますし、文字をしっかりと際立たせることができます。

シンプルでありながらも少し個性を出したいときには適してます。その他にも金属の名刺印刷などもできます。非常に珍しいタイプですが、インパクトを重視するのでしたらお勧めです。かなり料金がかかりますが、特別なお客様に渡すときなどには適しています。

その他にもキャラクター名刺などもあります。これは著作権のあるキャラクターの名刺もあるのですが、許可を取った上で印刷してもらえるのです。非常にかわいらしい内容になります。プライベート用にも使うことができますが、女性に渡すときなどにも使えます。個性的な名刺により自分のイメージを格段に強くすることができます。

 

名刺の作成から印刷にかかる費用

仕事で使う場合に名刺は多くの場合会社が用意してくれますが、プライベート用の名刺を作成したい場合や自営業の方が作成した場合には自分で依頼することもしくは行うことになりますが、名刺の作成から印刷にかかる費用には何があるのでしょうか。

まずもとになるデータを作成するための費用がかかります。多くの場合電気代程度の費用ですが、顔写真を載せる場合には写真を撮影するための費用がかかります。業者に依頼する場合にはデザイン費がかかってきます。次に名刺に使う紙を購入するための費用がかかります。より上質な紙を使えば使うほどコストはかかってくることになります。

また何部印刷するのかでもコストは変わってきます。最後に実際に印刷するための費用がかかります。印刷部数や白黒かカラーか、両面に印刷するか片面だけにするかによりコストには違いが出てきてしまいます。できるだけ多くの枚数を刷っていた方が1枚にかかるコストは抑えることができます。